Blog

ブログ

2017/10/17
実験の報告です!!

こんにちは!コンシェルジュ渡邉です!

 

今日は、実験の結果を報告します!

 

窓のサッシの素材によって

熱の伝わり方が変化するという実験です!

 

まずサッシは、大きく分けて3つあります!

私の家は、アルミ製サッシです。

アルミ製サッシは、全国で40%以上で使用されています。

夏は触れないくらい熱くなります。

冬は結露してビショビショになります。

 

次に、アルミ製サッシと使用率の近い

アルミと樹脂の複合サッシです。

樹脂とは、熱伝導がアルミより伝わりにくい素材です(#^.^#)

アルミと樹脂の混合したサッシという事です!!

 

最後に、オール樹脂のサッシです。

こちらの普及率は、20%以下です。

 

では。どんな違いになるのでしょうか?

次の写真は、①アルミ樹脂複合サッシと、②オール樹脂サッシに

室温(25度)で氷を3つ設置して10分放置した結果です!!

①アルミ樹脂複合サッシ

⇒氷が解けてなくなっています。

見えずらいのですが結露しています。

②オール樹脂サッシ

⇒10分経っても氷が解けていません。

熱がアルミより伝わりにくいから、氷が解けないのです。

 

つまり・・・

②のオール樹脂サッシの方が、

夏熱くもないし、結露もしない。

快適な生活を出来ると言えますよね!!!

 

このように、体感できる実験も随時行っています!

担当コンシェルジュまでご連絡をお待ちしております!(^^)!

 

 

ブログ記事一覧へ