Blog

ブログ

2017/04/19
3店舗

たくさんの方々の応援とご協力のおかげでようやく4/29に川越店がオープンします。ここは総合展示場の中にマックがある珍しいスタイルの展示場になります。

 

川越店のオープンでJusoukanは3店舗体制になり4月入社の新卒5名と中途採用を加え5月には社員25名になる予定です。

所沢店では2月にモデルハウスをオープンし秩父店では自社としては初めてとなる分譲販売を先週から開始しました。そしてここがオープンしたらすぐに僕は次の出店の計画と人員採用、次の商品開発へ向けて自分の仕事を動かしていきます。

 

そして川越店のオープンに合わせて自社webのフルリニューアルと新商品のシンプルスタイルのFUNmode⁺(ファンモードプラス)と北欧スタイルのWaffele⁺(ワッフェルプラス)の販売を開始します。今後の中心となるこの商品は全棟耐震等級3と全棟ZEH標準対応とし販売価格は本体価格1499万円~の非常にコスパの高い商品で更に全棟に構造計算書が付くようにしました。営業マンが「うちの建物は安全です」といったところで大した根拠はなくその安全証明もありません。ですので住創館は今後全棟のオーナー様に対して一棟一棟に構造計算書を添付して建物の安全に対する根拠を書面でお渡しすることにしています。

性能面においても全棟で気密測定を実施し「うちの建物は暖かいです(涼しいです)」という曖昧な肌感覚の説明ではなく気密測定器を使って工事完了後に全棟で気密測定を実施して正確な数値を各オーナー様へ結果報告し皆様に安心して頂いております。

この新商品のパフォーマンスに負けないようにスタッフが自社商品を心から愛してくれるように、コンシェルジュ設計スタッフはもちろん、事務スタッフに至るまで商品理解を求めていこうと考えています。

 

 

http://www.jusoukan.com/

ブログ記事一覧へ